Health24 ハル薬局漢方健康相談『副鼻腔炎(蓄膿症)』

副鼻腔炎(蓄膿症)のあなたの証の判定と飲むべき漢方薬の種類の選択を実行します。

健康相談開始画面 薬剤師 これから、あなたの健康相談を実施します。
それでは「スタート」ボタンをクリックして、Q&Aを開始して下さい。

適剤適証(てきざいてきしょう)の漢方薬

副鼻腔炎(蓄膿症)の場合の証の判定を行います。副鼻腔炎は、頬骨の下にある上顎洞(じょうがくどう)と呼ばれる空洞に炎症が起こるもので、蓄膿症ともいいます。慢性化して膿汁が出て鼻がつまり、ひどい場合には記憶力や思考力が衰えてしまいます。副鼻腔炎を治療するためには、長い服薬の期間を必要とするため、厳密に体質を診断し、その証に適した処方を決めて治療しなければなりません。
慢性副鼻腔炎は、鼻および副鼻腔内に慢性の炎症がおこったもので、一般には蓄膿症と呼ばれています。しかし、慢性副鼻腔炎というのが正しく、蓄膿症と呼ぶのは、副鼻腔内に膿がたまった場合に限っていいます。感冒などで鼻炎から急性副鼻腔炎となって、それがくり返されたり、回復力を妨げるような原因が背景にある場合に、治癒が遅れて慢性化すると考えられます。それには、解剖学的に炎症が加わると治りにくい形や構造であること、鼻中隔弯曲、細菌感染の問題、アレルギーや栄養、生活環境など、さまざまな要因が複合的に関係しています。

この画面は、人工知能(AI)によるエキスパート・システムの開始画面です。

証(あなたの症状・体質)に合った薬剤(漢方薬)を、ハル薬局がエキスパート・システムによりお選びいたします。
テーマ画面

通信販売ショップ Health24 ハル薬局
〒134-0085 東京都江戸川区南葛西4-3-10
TEL:03-3686-5709 FAX:03-3686-7547
e-mail

Copyright (C) Hal Pharmacy All Rights Reserved 2000-2005