Health24 ハル薬局漢方健康相談『気管支拡張症』

気管支拡張症のあなたの証の判定と飲むべき漢方薬の種類の選択を実行します。

健康相談開始画面 薬剤師 これから、あなたの健康相談を実施します。
それでは「スタート」ボタンをクリックして、Q&Aを開始して下さい。

適剤適証(てきざいてきしょう)の漢方薬

気管支拡張症の場合の証の判定を行います。激しい咳とともに大量の痰が出たり、ときには喀血する場合もあり、呼吸困難に陥ることもあります。従って、病気としては非常に重いわけで、一見して病人とわかる状態になっているものです。実虚でいえば、虚証と判定されます。
正常の気管支は、先に進むにしたがって細くなりますが、気管支拡張症は、気管支が異常に拡張し気道に変形を生ずる慢性の病気です。原因として、乳児期の肺炎やはしか、百日ぜきなどがもとで後に発病する場合や、先天的に気管支の構造が弱いために発病する場合などが考えられます。また、副鼻腔炎(蓄膿症)を合併していたり、肺結核に続発することもしばしばみられます。
長期にわたって、起床後しばらくしてから、せきとともに膿性のたんが出ることが長期にわたります。たんは少ないものから多量に出るものまでさまざまで、しばしば、血たんや喀血をともないます。しかし、急に血たんや喀血がみられ、病気の存在がわかることもあります。病変部に気道分泌液がたまって感染をおこしやすく、発熱、倦怠感などの全身症状を呈することがあります。感染が悪化すると、しばしば肺炎や肺化膿症を併発します。

この画面は、人工知能(AI)によるエキスパート・システムの開始画面です。

証(あなたの症状・体質)に合った薬剤(漢方薬)を、ハル薬局がエキスパート・システムによりお選びいたします。

通信販売ショップ Health24 ハル薬局
〒134-0085 東京都江戸川区南葛西4-3-10
TEL:03-3686-5709 FAX:03-3686-7547
e-mail

Copyright (C) Hal Pharmacy All Rights Reserved 2000-2005